仲介手数料とは?

仲介手数料とは、物件を紹介してくれた不動産屋に対して支払う手数料です。家賃の1ヶ月分というのが一般的になっています。

国土交通省の告示には『 宅地建物取引業者(不動産屋)が貸主、借主から受け取る報酬(仲介手数料)の合計額は、家賃の1ヶ月分以内とする。貸主、借主の承諾を得ている場合を除き、それぞれから受け取る報酬額は家賃の0.5ヶ月分以内とする 』と、定められています。

ということは、貸主が1ヶ月分全額の負担でも問題はないはずです。

ところが『 承諾を得れば 』という部分は貸主の力が強かった為、当然に借主が全額支払うとされてきました。法律のあいまいな表現が問題なんですが、、

しかし、ある事件をきっかけに大手の不動産屋が、貸主と借主から半分ずつ負担する、仲介手数料半月分を浸透させつつあります。

「 どうしてここは、仲介手数料が半額なんですか? 」と聞いている方を見かけますが、半額に値下げをしているわけではありません。「 何かあるんじゃないの? 」という心配はいりませんので、安心してください。

1ヶ月分の会社と、半月分の会社で分かれてしまいましたが、高い!と文句を言っても意味はありません。同じ物件を、仲介手数料半月分で紹介している不動産屋で探す方が賢明です。

大きな声では言えませんが、1ヶ月分の不動産屋で見つけた物件を、半月分のところで決めてる方はいます。選ぶのはあなたの自由ですから問題はありません。

もしくは礼金を0.5ヶ月分交渉して安くしてもらえば、同じ金額になるのでこちらの方法も考えましょう。

仲介手数料が不動産屋の売上になるので、これを安くしてほしいと交渉するのはオススメできません。ここは交渉すべきポイントではないのでやめましょう。借りられなくなる可能性の方が高くなります。

部屋探し本番へ 部屋探しサイト 学生マンションマップ オススメの引越業者
訪れたあなたが気持ちよく新生活を始めていただくことが、マスターの望みであり願いです。部屋探しを後悔のないものに! 全国賃貸マップ

(c) 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】 All rights reserved