同じ物件で条件が違うのはなぜ?

『 同じ物件でも不動産会社によって、条件が違う事があるのはなぜ? 』こういった思いをするかもしれません。これには大きく分けて2つの原因があるので、参考にして下さい。

パターン1
下の図のように物件が紹介されるルートがあるとします。

不動産会社によって条件が違う理由

こういうルートの場合は、大家さんはA不動産にしか直接条件を伝えません。

Aから、B、C、Dへと情報は流れていきますが、Aもしょっちゅう情報を流しているわけではないので、情報が行き渡らない・遅れるといった事が起こります。

B、C、Dが紹介する時になって、Aに情報の確認をした時に、初めて条件が変わった事を知るという具合です。

パターン2

不動産会社によって条件が違う理由

パターン1と同じように、情報の伝達の遅れで条件が違う場合ももちろんありますが、例えばBがいつも入居者を紹介してくれて、信頼していて仲が良いとします。

すると、Bだけに特別条件を出していたりする場合があるんです。

どちらの場合であっても、営業マンを通して条件の確認を必ずしましょう。同じ物件で違っていて、条件のいい方に問い合わせたら、本当の条件は違っていたなんて事はよくありますので、確認が重要です。

部屋探し本番へ 部屋探しサイト 学生マンションマップ オススメの引越業者
訪れたあなたが気持ちよく新生活を始めていただくことが、マスターの望みであり願いです。部屋探しを後悔のないものに! 全国賃貸マップ

(c) 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】 All rights reserved